21.2.17

趣味のお店ですか?

先日初来店のお客様が

入り口から店内を見回して

 「完全に趣味のお店なんですね」

とおっしゃったんですが

これって

「趣味でやってるように見えたのかと」という疑問と

「趣味の仕事ってなんだ?」

と喉元まで出ながら

一瞬複雑な気持ちになりながらも

「そうなんですよ」

と答えてはみたものの

きっとそれって趣味じゃないことを仕事にしている人が

世の中にはたくさんいるのにいいですねって意味なのかな

と一週間以上たってようやく気づきました。

その他にもお客さんから聞かれて困る質問リスト結構あるんですけど

それはまた次回にして

お店の入り口にはスリッパと植物が並び


店内からは
Those who died the justified


と叫び声が聞こえ

好きな洋服だけおいて いれば
 
確かに誰でもそう思うのも無理はないのかなと思いました。





でもこの服好きにとって

「趣味」か「趣味じゃないか」って

非常に核心のこだわりの部分であるわけだから

実はすごく肝心なのだけれども

その10%とか5%の部分にこだわり過ぎて

全体が見えなくなることがあるのもまた然りだなと

ひとり考えながら店内も少しづつ春っぽくしています。





そんなこんなで

「BARACUTA G-9」

春のジャケットといえばこれ

ドッグイヤーのついたコットンシェルのスウィングトップ

チラッと除くライニングのチェック

スニーカーはもちろんですが

ブーツやドレスシューズに合わしても何となく色っぽい。

英国モノは洗練されててかっこいいな~なんて感じます。

Dr,Martin、Trickers、Belstaff、Barbour、Baracuta

歴史の重みだけじゃなくスタイリッシュで

飾りも細かいところがチラッと洒落てる

自分的には「趣味」なとこなんです。

今はほとんどMade in Englandではなくなってしまったブランドもあるのですが

古着だと90年代くらいまでぎりぎり英国製があったりするので

この辺も面白いところです。
 

入り口のディスプレイも春らしく変えました



DENIM WEATERN SHIRTS◆Size:US-M【USED】\3900+TAX

US ARMY M-51 CARGO PANTS◆Size:US-S【USED】\3900+TAX


実は前回サンプルが店頭で即完売してしまった藍染糸のハンドニットキャップ

色が鮮やかでデニムにも映えます。

コットンなので春先でもかぶれますよ~



足元はやはりお問い合わせも多いこちら



前々から入口に置きたいなと思っていたイス

買うのもなんなので作りました。

というより表に出せるようなイスではなかった

元々ミシン用にしていた市販のモノを張り替えて、塗り替えたら

何やらものすごいいい感じになりましたので

靴脱ぐときにどうぞ使ってくださいまし

そんなこんなで少しでも服好きな方に

ご利用いただけるお店でありたいと思う今日この頃であります。

尚、3月より営業時間が通常に戻りますので何卒よろしくお願いします。


No comments:

Post a Comment