31.3.16

営業時間延長のお知らせ


4月1日より営業時間を

「30分延長します!」

月曜~土曜は10:00~17:30 (買取りの受付は17時まで)

日曜はかわらず12:00~19:00 (買取りの受付は18時まで)

定休日は水曜と月曜を除く祝日です。
どうぞよろしくお願いいたします。



謎のラングラー

謎のラングラー





なぜか上がるGRIPPER


年代的には60年代中期

「11MWZ」と同じ内巻ロゴの斜めベルのタグですが

「MISSES」と記載してあり

オンスもリーバイスの701のような薄手の生地なので

レディース仕様ですが

サイズもW30なのでメンズでも行けます。




夏に向けては持って来いの素材感
こんな感じでお花見に出かけたいですね。




営業時間のお知らせなのですが

昨年の4月より1年営業時間を短縮してきましたが

4月1日より月~土曜はなんと

「30分延長します!」

なので

月曜~土曜は10:00~17:30 (買取りの受付は17時まで)

日曜はかわらず12:00~19:00 (買取りの受付は18時まで)

定休日は水曜と月曜を除く祝日です。
こんなマイペースな営業時間ながら

いつもお越しいただいているお客様方にはこの場を借りて

深くお礼申し上げます。

29.3.16

フットボールTee カレッジTee 半袖スウェットなど入荷、UPしました。


気持ちがよい天気で洗濯日和ですね。

フットボールTee、カレッジTee、半袖スウェットなど

クリーニング済みの商品が入荷、UPしました。










ミリタリージャケットも厚いのから薄いのまで色々入荷しています。






今回ノベルティを生産しました。

アメリカ製の真鍮キーホルダー



今年は10周年なので色々と考えています。

17.3.16

INDIGO TEE

そろそろ暖かくなってくれそうな気配なので

 INDIGO TEE


藍染の無地のポケTeeが入荷しました。

それぞれウォッシュ加減が違い2色

デニムのように色落ちが楽しめます。





生地感も厚めでしっかりしていますので

ガンガン着倒してほしいです。


アンティークビーズなんかにも持って来いです。




アンティークビーズ 1本7000円ですが




ラルフローレンのキャンバストート
入荷すると大体売れてしまう

アメリカで売ってるショッピングです。
 


WEB準備中ですのでUP次第リンクします。

15.3.16

ビンテージミリタリー小物3点


ビンテージミリタリー小物3点ご紹介します。


まずはイギリスのEASTMAN LEATHER CLOTHING社の

ゲーリーイーストマンの著書

【Gary Eastman】 TYPE A-2 FLIGHT JACKET IDENTIFICATION MANUAL









日本ではあまり売られていないようですが

モデル別にUSARMY AIR FORCEのA-2のディティールや

当時の生産規格、証明書や発注書のようなものまで事細かにかなり細かく記載されています。

しかもシリアルとサイン入りです。





裏地はカモフラージュのパラシュートのナイロン生地だったり


ジッパーもベル型コンマー

ビンテージミリタリーものならではの素材感、風合いがあります。

サイズ的には小物や携帯、メガネを入れるのに使い勝手がよくお勧めです。




最後に

1940年~1950年代頃からコーニング社がUSネイビー用に作った

通称ネイビーウォッチマグです。



ハンドルがないのが特徴で、内容量があり厚めで重くとても存在感のあるマグです。

屋外作業などで手や体を温めるために丈夫で大きく作られているものと思われます。


コーニングの刻印有り。

【CORNIMG】USNAVY コーニング ビンテージ ハンドルレスマグカップ USネイビー パイレックス【中古】



置いておくだけでも絵になりますが

是非実用で使ってみてください。

詳細はWEBの方に紹介してますのでご確認ください。



10.3.16

ZIPPO&DOUGLASS OIL LIGHTER


使ってみたいアメリカ発祥の個性的なオイルライター

コレクションにするにはもったいないですね

『火を点ける』

ただそれだけが仕事ですが

屋外での仕事や活動には当時は不可欠なアイテムだったのではないだろうか




徹底的な機能性や耐久性だけではなく

デザイン性にもこだわるという

多少大げさではありますが

眺めていると

アメリカならではの美学みたいなものが詰まっている気がします。



まずは世界中で親しまれているペンシルバニア州ブラッドフォードの「ジッポー社」

1932年創業、基本構造には現在もほとんど変化がないが、

外側のケースに様々な意匠を凝らし

豊富なバリエーションが生じており、世界各国に収集家が存在しています。

もちろん高い耐久性・耐風性に加え永久修理保証があるのも嬉しいです。


こちらは銀の含有率も90%を超える米国の1948~63年まで発行された

フランクリン本物の銀貨を使ったジッポーでアメリカ独立記念日を祝う

シリアル入りの希少な限定モデルです。



アメリカ  ロサンゼルス市警のジッポー オイルライター。

LAPDものはコレクターも多く人気があります。





【ZIPPO】LAPD ロサンゼルス市警 ジッポー オイルライター【中古】



こちらはアメリカのDouglas(ダグラス)の国産のレプリカ


アメリカが急成長を遂げた1920年代、大量生産と大量消費の波に消えていったダグラスライター。

その短い歴史は、1920年代の「シアーズ・ロバック」 のカタログ中でもうかがえますが

他の ライターは、69セント程度で買える時代であるなか

当時の価格で5ドル同載している

当時は驚くほど高価で、使う人のステイタスを象徴していたといえる製品。

こちらはその1型と呼ばれるDouglas(ダグラス)シカゴモデル



ジャンピング・アクションで

着火するギミックが特長のライ ターです。

1926年に発売された歴史的な名品として名高いモデルで、

他に類を見ない着火アクション、耐久性、部品精度

80年以上も前に設計されたとは思えません。



【DOUGLASS LIGHTER】ダグラス 1型 ライター 1926 シカゴ オイルライター【中古】




こちらはダグラスの3型のオイルライター。

こういう超合金の変身ロボの玩具があった気がしますが





片方のローラーを回してフタを開き もう片方のローラーを回して着火する

ダブルローラー・デザインのモデルです。


どことなく懐かしいトラディショナルで シンメトリーなデザイン、 重厚感を感じさせます。

歴史的な名品として名高いモデルの復刻版で、

着火アクション、耐久性、部品精度は80年以上も前に設計されたとは思えないほど

最後は国産のビンテージライター


オーストリアの「IMCO Ifa」と同型のトレンチライターのようなデザインで

非常に精巧な日本製のもので戦後に作られたもののようです。


WW1のころから使われていた片手で使用できるオイルライター

コンパクトで塹壕(トレンチ)の中で使われたことや

トレンチコートやジャケットに着けていたらしく

風を避けつつパイプやたばこに使用できます。


グッと気分を盛り上げてくれるアイテムです。

すべて実働、メンテ済みですので

是非ご愛用されてみてはいかがでしょうか?